スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WS トリオカーニバル東京大会入賞デッキ(P3.P4)を組んでみたので感想と考察1

以前開催されたトリカニ東京大会でペルソナで入賞していた方がいて、そのレシピが公式に上がっていたのですが、その構築が今までに見たことのない謎構築だったので以前からとても興味があったんです。

でもまぁ所持パーツの問題もあり作成を断念してたんですが、今日色々あって処刑を2枚ほど確保できたので多少代替カードもありますが組んでみることにしました。

というわけでそのレシピについて組んで回した感想や考察などなど。
長くなりそうなので2つの記事に分けて記事にする予定です。




まずはトリカニ東京で入賞された実際のレシピを。


主人公&伊邪那岐大神 4
WILDの力 主人公4
契約の鍵”主人公4
お兄ちゃん”悠4
しっかり者の小学生 菜々子4
悠&イザナギ4
ブレイブザッパー4
ジライヤ発動4


文吉&光子1
辰姫神社のキツネ4


ガソスタの店員4
巽 完二2


“青春の主張”クマ1
白鐘 直斗4
処刑2


とまぁかなり簡単に書きましたがこんな感じです

デッキ構成を見る限り、コンセプトは「序盤はストック消費を抑えつつアタックしてストックを貯めてレベル3で処刑を打って大量アドバンテージ+回復からの決着」というよくある(?)処刑デッキのようにも思えますが、色々と不思議な点というか驚いた点がありました


まずは各カードの役割等をば


《主人公&伊邪那岐大神》
《WILDの力 主人公》
これらがチェンジとなっていて、伊邪那岐大神が正面レベル×1000パンプとWILDの力が出た時対象のキャラのレベル+1なのでチェンジで手札に戻ったWILDの力の効果も有効活用できるのでそういう点ではシナジーしています
かつ優秀な絆の少ないペルソナでは手札の損失を少なくしてアタッカーを増やせるという点で多少ストック消費は大きめですが疑似絆のような働きをしてくれるのも採用理由の一つでしょうか
絆と違ってレベル0時点で伊邪那岐大神を出すことも可能なのでそのままレベル0から1まで盤面を保ちやすいのも特徴でしょう

《"契約の鍵"主人公》
条件付きで1/0/7000という優秀なアタッカーになるのでレベル1時点ではかなり活躍してくれる可能性大
しかし倒されてしまうと一気に場を2枚失ってしまうので注意も必要
幸い、《白鐘 直斗》によりレベル1から3000助太刀を打つことも可能なので場持ちは良い

《"お兄ちゃん”悠》
《しっかり者の小学生 奈々子》
悠は500応援に加え対応する奈々子をネーム指定で+1000する効果も持っているのでこの2枚があるだけで奈々子が最低4500、最高6000にまでパワーが上がるのでレベル0でのアタッカーとして十分に活躍してくれます

《悠&イザナギ》
CIPで手札の増えるレベル3で、ストックが4枚以下の時に+2000パンプする効果を持つ
CIP効果はその特性上キーパーツをデッキから持ってくるのに向いていて、この効果で《処刑》であったり、CXであったりの今現在必要なカードを持ってくることができる。
このデッキはレベル3でストックを一気に吐くのでパンプ効果は比較的発動しやすく、高打点を保ちやすい

《ブレイブザッパー》
《ジライヤ発動》
CXはリターンアイコンが4、2000/1が4の8枚
基本的に打点が足りなくなりやすいデッキなので相手の場を触れるリターンアイコン4枚と手札減らさずに場の増強が出来る2000/1が4枚ということなのでしょうか

《文吉&文子》
他の特徴《メガネ》がプレイされる度にクロックを1点増やせるという少し変わったカード
一見するとダメージ増えるだけだしレベル調整にしか使えないと思ってしまいますが、前にも書いた通りこのデッキのコンセプトは《処刑》を打ってそれにより大量のアドバンテージを取ることにあります。
なので《処刑》プレイ時に出来るだけクロックを6枚に近づけておきたいため、《処刑》プレイ前に出しておいてクロックを増やしてから《処刑》を打つ事で大量のアドバンテージを取る、というプレイングが可能になる1枚ですね

《辰姫神社のキツネ》
ストック5枚以上の時に全体+500&全体に手札アンコールを付与し、他の特徴《メガネ》もしくは「主人公」がプレイされて置かれたときにレストすることでストックブーストをすることの出来るカード
レベル2以降はこのカードを後衛に置いて盤面を保ちつつストックを増やしていく戦い方になると思います
個人的にはかなりの優秀カードだと思うのですがあまり周りの評判は高くないですね…

《ガソスタの店員》
正面キャラのレベル×2000パンプというかなり大きめのパンプ値を持ちますが、レベル1相手に4500、レベル2相手だと6500、レベル3相手だと8500と各レベル帯では低めの値になってしまいます。
しかし《WILDの力 主人公》で相手のレベルを上げてしまえばレベル0相手に4500、1相手に6500とバニラサイズ以上のサイズで戦うことができるのでこのデッキならば想像以上の活躍はしてくれると思います

《巽 完二》
普通のレベル0相討ちですね
好みによって《荒垣 真次郎》等と入れ替えてみてもいいかもしれません

《"青春の主張"クマ》
CIP2コストでお互いを疑似リフレッシュさせる効果を持っています
相手や自分の圧縮の具合を見たりして上手く使えれば割と便利です

《白鐘 直斗》
1/1/2000助太刀に加え、追加で特徴《警察》もしくは「主人公」に+1000できるので疑似3000助太刀になったり、+2000で事足りる場合は他の前衛に+1000することもできるのでかなり優秀な1枚

《処刑》
デッキコンセプトであり、これを上手く打てるかどうかで勝敗が決まると言っても過言ではない
とにかくこれを打つための8コストを貯めて、これにより大量のアドバンテージを取りたい。





とまぁ各カード紹介はこんな感じでしょうか
回した感想とかその他色々なことは長くなりそうなので次の記事へー
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

非公開コメント

プロフィール

雑兵ペンギンおこじょ

Author:雑兵ペンギンおこじょ
山口県在住のへっぽこ雑兵野郎。
主に遊戯王、WSについての更新が多いと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。